Raysync Large File Transfer

Raysync大容量ファイル転送システム

Raysync大容量ファイル転送システム、世界各地の企業データの転送効率ワンストップ式でアップする。従来のファイル転送方法(FTP、HTTPやCIFSなど)の影響を受けず、大容量ファイルとビッグデータ転送遅延とパケットロスを最大限に引き下げる。帯域幅リソースを十分に利用し、各種の業務システムと各種オペレーティングシステムプラットフォーム間のファイルの共同作業を実現し、大容量ファイル転送とビッグデータの情報サイロ問題を解決する。

ソフトウェアの特徴

高性能転送

    Raysyncは安定で高速なファイル転送を実現するため、超高速転送プロトコルやスマート圧縮などの技術を内蔵し、転送速度はFTPの100倍に上る。また、帯域幅を自動的に最適化する。既存の帯域幅を十分に利用し、遅延とパケットロスなどの影響を効果的に削減する。よって超遠距離、越境の大容量ファイル、大量の小型ファイルの高速転送を実現する。特別に調整することなく、効率的で安定した性能を発揮できる
massive small filesSending HostGB/TB large filesMultiple-formatfilesSending FilesRaysync Transfer EngineCompressionDecompressionReceiving HostReceiving Files

ネットバンククラスのセキュリティー

    転送データの安全を確保し、データの漏洩、クラックや盗聴などの安全問題を防止するため、Raysyncは内部データ通信の安全管理を強化し、ネットバンククラスのAES-256暗号化技術を採用している。SSL暗号化転送により、データの安全を確保する。同時に、Raysyncはアクセス権限とOS権限設定を採用しており、アクセス管理がより厳しくなっている。
Sending HostReceiving HostRaysync Transfer EngineAES-256 EncryptionProtectionSSL encryptedtransferCVE vuln erability risklibrary scanningSSL encryptedtransfer

データが安定で効率的

    転送過程において、データの安定性と完全性を確保するために、RaysyncはHTTP、エラー発生後に再度転送、多重ファイルチェック、スマート同期などを通じて、転送過程においてインターネットの中断や転送異常などの状況が発生した場合に、転送データを保障する。また、アウトプット時間を短縮し、仕事の負担を減らす。
Sending HostCheckpoint ResendRetransmissionReceiving HostSend RequestSending FliesFile AFile BFile AFile B is missingResend FilesFile ASend completedSending FilesError overResendFile BFile AFile BReceving FilesNetwork Error

複数の転送方法

    Raysyncは、転送する側によって様々な転送方法を提供する。ポイントツーポイント、マルチポイント相互転送、データクラウド転送、一対複数のデータ配布モード。専属ユーザー、ユーザーグループのストレージを提供し、特定の権限管理に対応。また、部門や会社を越える専属の共同作業ストレージを構築し、ファイルを転送することができる。
Point to Point transferPoint to multipoint multipoint transmissionData SynchronizationCloud Synchronization/migrationLocal Synchronization/migration

中央コントロール

    システムはデータ転送のログ、ユーザー操作ログ、ユーザー管理、ユーザー権限管理に対して管理モジュールを提供する。システム管理、ファイルアクセスのファイングラインド権限、データ漏洩防止、権限共有ポリシーを採用することにより、データが転送と保存の過程で管理でき、大事な情報の安全を守る。また、データ転送の内容は追跡可能である。それらによって、安定で管理可能なデータ転送環境が構築される。
AdminTransfer LogEnd users, UsersGroups ManagementNetwork,TransferSystem ManagementAccess ManagementData StorageManagement

優れた交換性を簡単に配置

    RaysyncはUNIX、Linux、Windowsなど通常のシステムとアリクラウド、アマゾンクラウド、ファーウェイクラウドなどのシステムに対応している。また、専門的なSDK整合ソフトウェアを提供し、企業の既存システムと迅速に配置できる。企業内部や企業間のネットワーク環境やヘテロジニアスシステムの自動化転送ネットワークを簡単に構築することができる。
Supporting UnixLinuxWindows,and other commonly Server OS.Providing SDK integration for thecompany existing system.SDK integrationUNIXLinuxWindows Server

User-End Portal

ファイル共有と送受信

グループストレージと個人ストレージのダウンロード共有とアップロード招待機能があり、外部リンクの方法で仲間に送信し、データを共有する。

チームはグループストレージを共有

部門やチームまたはプロジェクトによって複数の共有グループストレージを作成できる。ストレージは独立した権限で管理し、業務が干渉し合うことはない。サブアカウントのプライベートストレージとグループストレージは混同することはない。

ファイルのスマート同期

ファイルの双方向同期は、ローカルファイルとサーバー上のファイルは常に一致する。手動でコピーする必要がなくなり、仕事の効率がアップする。

ポイントツーポイント転送

最初にストレージサーバーにアップロードせずに、ローカルコンピューターからターゲットコンピューターにファイルを転送することをサポートし、ストレージの節約はできます。

user-end

管理者ポータル

複数のストレージ

柔軟なデータ管理のニーズを満たすために、ローカルストレージとクラウドオブジェクトストレージをサポートします。

カスタマイズ設定

ロゴ、背景、ボタンの色、ログイン位置のカスタマイズをサポートします。

アカウント/アカウントグループの権限管理

管理者は複数のアカウントを作成できる。アカウントやアカウントグループと部門にファイルまたはフォルダの権限を設定可能。特定のドキュメントまで設定できるので、権限管理柔軟になり、企業の細部まで管理することができるようになる。

セキュリティ監視管理

リアルタイム監視オンライン転送、ログでデータを記録する。企業の中心的データは可視化になり、管理と追跡することが可能。

admin-end

アーキテクチャ配置

Raysync Transfer EngineTransmissionManagement SystemMain ServerData ServerRaysync Transfer EngineLarge files/confidential filesAES256 EncryptionProtectionWEB APIEvent ManagementData VerificationLocal SynchronizationbcakupData BackupRaysync Large File Transfer SystemHead OfficeCloudSynchronizationbcakupAli OSSBaidu OSSHuawei OSSAWS S3Kingsoft CloudTencent OSSGoogle GCEAzure BlobOracleOversea Branch OfficeCloudSending/RecevingSending/RecevingWeb BrowserFile ServerSeamlessly integrated withexisting application systemsSending/Receiving files fast and securely via InternetBranch OfficeEasy to useWeb BrowserWeb Browser interfaceCommand LineSSHEnd UserWeb BrowserEfficientSimpleSafety

成功事例

Renderbus Logo

ファーウェイへのファイル転送システム設計

ファーウェイの本社は中国深センにあり、支社は全世界各地に存在するため、国内外でファイルを転送し合うのは良くある。ファーウェイの深センパートナーである中軟国際は、先にドイツにあるソース動画保存センターから動画をダウンロードし、トランスコードを行う必要がある。その後、完成したファイルをドイツの動画完成品センターに転送する。越境データの転送は不安定で、帯域幅の利用率が低い、またはデータ転送の安全性が低いなどの問題が考えられる。

雲語科技はファーウェイドイツのlinuxホストにRaysyncサーバーを配置し、深センに位置する中軟のwindowsホストにRaysyncウェブクライアントを配置した。よって、深セン中軟がドイツのもう1つの場所からダウンロードした動画をトランスコードした後、Raysyncを通じてドイツに転送する。この一連の流れで、帯域幅の効率を引き上げ、プロジェクトの転送速度が数十倍アップされた。

client pic

資源ドキュメント

document card

Admin Management Manual

今すぐにダウンロード
document card

Server Deployment Manual

今すぐにダウンロード

無料トライアルを申し込む

Raysyncは企業向けに高速ファイル転送ソリューションと無料テクニカルサポートを提供します

apply banner